※2/14(木)をもちまして、『Wの素顔』は終了となります。                                                  ご愛読頂き、誠にありがとうございました。                                                             今後は、アメーバブログ『水沢ゆかいな仲間たち!』http://ameblo.jp/yuka-mizusawa/でお待ちしております!

2007年12月22日

Rainday#

071222_190107_ed_ed.jpg


今日は雨〜(>_<)
止んで欲しいなあ。


…とゆー事でてるてる坊主作りました☆


雨になるとお洒落な傘や長靴買っておけばよかったな〜(・。・)と思います。


よく忘れるからなーf^_^;この前も電車に忘れたもんね(*_*)こんな調子だからいつも買うの迷っちゃう。


そぉいや遠足の前の日や運動会前はよくてるてる坊主作って神頼みしたなー。


晴れたら、てるてる坊主は天才やなあ〜(`▽´)と絶賛してた思い出がアール♪


日本人はいつからしだしたんだろね?アニメの一休さんにも出てる位だから…友香より年上なのかなあ?



人気blogランキングへゴー!ワンクリックよろしくお願いします★

banner2.gif
posted by 水沢友香 at 19:27| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
てるてる坊主久しぶりに見たよ(^O^)雨は止んだのかな?俺のいる所は雨よりも風が凄かった(-.-;)台風かと思うくらい強い風だったよ(-o-;)
Posted by キノ at 2007年12月22日 19:54
てるてる坊主、ちょっとググッたら、あの歌は。1921年(大正10年)で、風習は江戸時代って。。(@_@)歴史的な物なんだね〜
友香ちよりだいぶ年上だけど(^_^;
自分も知らなかったよ。。
Posted by にひるなアヒル at 2007年12月22日 19:55
遠足の日、朝から雨だと教室で弁当ということも。
てるてる坊主の役目は、非常に重要。必死でした。
調べてみると、
現在のような形で拡まったのは江戸時代。
その起源は、平安時代に中国からという説が有力です。

中国、掃晴娘(サオチンニャン)
ほうきを持った紙の人形。門に掛けて晴天を祈願する。
北京が「東海龍王」によって大雨にされた時、
犠牲となって北京を救った、切り紙が得意な娘がモデル。
(切り紙で掃晴娘を作るのはこのためか。)
ほうきを持つのは、蚕のまゆ糸をほうきで巻き取るように、
雨雲を巻き取って晴天にする、という意味合いのようです。
日本で、娘が坊主(男)になったのは、
農耕のために雨乞いを行うのが僧侶や祈祷師だったので、
晴れにするのもまた坊主、ということになったようです。
Posted by 海の外 at 2007年12月22日 22:08
発想が可愛いですねぇ☆

明日はやんでほしいですぅ
Posted by かめ at 2007年12月23日 00:15
雨止まないねぇ…
てるてる坊主作った記憶ないなぁ。今でも作るなんて、友香ちゃんは純粋だねぇ(*^_^*)

てか雨止んでくれないと有馬記念見るの辛いんですけど〜!(^^*)
Posted by むらりん at 2007年12月23日 04:53
雨・・・なつかしい(笑)

もう雪かき嫌じゃぁ〜〜

南に行きたい・・・
(ん?・・南西かも)

いつまでもいつまでも友香ちゃん応援して行ければと!

てるてる坊主より雪だるまな北国より
(ショボーン)
Posted by black hero at 2007年12月24日 02:13
昨日は、写メのてるてる坊主のおかげで、雨止んでましたね。
ところで、前回、「東海龍王」 について説明が唐突でした。
中国で、四方の海を支配していたとされる四人の龍王(四海龍王)
その代表格。『西遊記』 では、悟空の如意棒の元の持ち主。
これで、イメージ、バッチリでしょう!
話は一休さんから悟空へ。なかなか壮大なスケールですな。
Posted by 海の外 at 2007年12月24日 23:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
☆水沢友香の応援よろしくお願いします☆→→ banner2.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。